各科への転科について- 5件

  • 転科する前に知っておきたい!内科医の大変さとは

    2018年03月29日 22:02

    各科への転科について

    高齢化が進む日本では、今後を踏まえ、内科への転科を希望する医師が増えています。
    若いうちは、「内科には華がない」と感じがちですが他科で経験を積むうちに、内科の持つ魅力に気付くケースも多いでしょう。
    訴訟が少ない点も、人気となっている理由の一つです。そんな、内科へ転科したい医師が知っておきたいことや注意点へ、まずは目を向けてみましょう。

    内科は患者数が多い

    内科に訪れる患者数は、他科と比較しても非常に多いと言えます。
    頭が痛い場合や、お腹が痛い場合、胸が苦しい場合など、まずは内科からスタートするため、転科経験のある内科医は、「思っていたよりも忙しい……」と感じるケースが多いようです。

    各医療機関で診療時間は定められていますが、季節によっては、患者数が多く、昼食も食べられない、といった状況があることは覚えておきましょう。

    とはいえ、患者数が多いと言う点は、将来が安定している証拠だとも言えます。
    患者数が先細りしてしまうのではなく、今後も忙しくなると予想されている内科への転科は、将来開業を考えている医師にとっても良い経験となるでしょう。

    現在の職場が忙しくて転科を考えている、という場合は、呼吸器内科や消化器内科、循環器内科といった専門分野へ携わるという手段もあります。

    内科医は診断から治療まで幅広くみる必要がある

    内科医の仕事は、目に見えない部分の痛みや気持ち悪さなどを、問診や触診、検査結果などを元に診断していきます。
    そのため、多くの症例を頭へ叩き込み、複数の可能性を常に疑ってかかる必要があります。

    問題点が分かれば、次に治療に移りますが、単純な風邪やウィルス性の疾患といった分かりやすい患者ばかりではなく、中には難病を抱えているケースもあるでしょう。

    そのため、内科医への転科を希望する場合は、常に新しい症例へ意識を張り巡らし、知識を生かしていく必要があります。

    こんな医師に転科がオススメ

    誰にでもできそうなイメージが強い内科医ですが、向いているのは会話を大切にできる医師です。
    「なんだかムカムカする」「お腹の左が痛い気がする」といった曖昧な訴えも多く、ゆったりとした気持ちで話を聞き出しながら、診断していく必要があるでしょう。

    転科を考えるなら、これまで他科で学んだ経験を生かし、総合内科を目指すのもオススメです。
    ただでさえ不足している内科医ですから、専門知識を持った医師の転科は大歓迎されるでしょう。

    「人から相談されることが多い」という医師は、患者にとっても話しやすい人柄であることが多いため、内科医へ向いています。
    精神科や心療内科など、心理学に精通している医師も、患者の心を読みとる力に長けているため、内科に向きな人材だと言えるでしょう。

  • 患者数増加!精神科医への転科で大変なこと

    2018年03月19日 21:39

    各科への転科について

    心の病気について広く知られるようになり、認知症患者なども年々増えている今、精神科では、新たな戦力となる医師が強く求められています。
    その反面、転科が難しい科目だとも言われている精神科。
    そのようなスキルや考え方で挑めば良いのか、転科前に確認しておきましょう。

    精神科への転科は特に難しい

    他科から精神科への転科は、特に難しいと言われています。その理由に、「精神保健指定医」の資格取得があるでしょう。
    指定医でなくとも勤務することは可能ですが、資格のあるなしでは、収入も求人数も大きな差が出ます。
    そのため、転科を検討しているなら、事前に資格取得を目指すと、良い転職先との出会いに繋がるでしょう。

    また、近年認知症患者が増えたことにより、精神的な面だけでなく、骨折や転倒などへの気配りや配慮が求められたり、働き盛りの層にうつ病が増えていたりと、広い範囲の症状へ対応する力も求められます。

    「精神科は楽そう」というイメージが根強いですが、実際は気遣いが多い仕事です。
    患者の心境ではなく、症状の方へ着目することが多い、外科医などから転科を考える場合は、こういった面も頭に入れておく必要があるでしょう。

    急性期の患者対応などのストレス

    精神科では、急性期の患者対応が求められます。
    急性期の患者は、症状を落ち着かせるため集中的な治療を行う必要があり、医師の手腕が問われるでしょう。

    急性期の患者は、病気だと言う自覚がないケースや、危害を加えるようなケースもあり、注意して対応する必要があります。
    回復を目指すためには、医師と看護師、作業療法士などがチームで治療にあたり、対応していくことになるでしょう。

    日常生活を送るのが厳しい患者ばかりですから、場合によっては医師の方がストレスを溜めてしまう場合もあります。
    仕事にばかり熱中してしまうのではなく、適度に息抜きをしながら、ゆったりとした気持ちで見守るようにしましょう。

    こんな医師に転科がオススメ

    精神科医に向いているのは、人の話を聞くのが好きな医師です。
    相手の顔を見て、しっかりと耳を傾け、話を聞いてくれる医師は、患者から厚い信頼が得られるでしょう。
    「精神科医がうつになってしまった」 という例も少なくないため、定期的に自己メンテナンスできるなどの、管理能力も問われます。

    「死にたい」と相談に来た患者へ、治療をしていたにも関わらず自ら死を選んでしまった、という例も少なくありません。
    このような場合でも自分を責めることなく、「その時にやれる精一杯のことができていた」、と心を強く持つ必要もあります。

    また、これまでに、多くの悩みを抱えてきた医師は、相手の気持ちを理解できるため、精神科医に向いています。
    「心理学の勉強が好き」「人の心を探るのが得意」という医師も、精神科医への転科を目指すことで、生き生きと働けるでしょう。

  • 特に激務?小児科に転科するなら抑えておきたい事

    2018年03月04日 20:42

    各科への転科について

    少子化にも関わらず、医師不足が指摘されている小児科医。
    どの科目であっても、これまでの経験が生かせるため、転科を考えている医師が多いようです。
    小児科医への転科で知っておきたいこと、注意したい点などを知り、転職に役立てていきましょう。

    緊急応対がある小児科は特にハード

    小児科が持つ、他科と違う大きな特徴として、緊急応対を求められると言う点が挙げられます。
    救急医だけでは小児科患者を診ることが難しいこともあり、大規模な医療機関であっても、各自治体の診療所などと連携して、救急治療にあたるケースが少なくないでしょう。

    診療時間外であっても、救急車で小児科患者が運ばれてくる例もあります。
    いわゆる町医者や、外来専門の医師であっても、ハードな勤務体制を強いられるケースが多いことを、覚えておきましょう。

    流行疾患のピークの時は激務

    小児科医の仕事は、季節によって忙しさに波があります。
    その中でも特に忙しいとされているのが風邪やインフルエンザなどが流行する秋~冬にかけてです。
    待合室がいっぱいになり、診察しても診察しても終わりが見えない、という日もあるでしょう。

    長い待ち時間で、患者である子どもも機嫌が悪くなったり、症状が悪化したりと、院内が大惨事になるケースもあるでしょう。
    そんな時も医師がどっしりと構え、冷静に病状を説明してあげることで、親や子どもへ大きな安心感を与えることができます。

    この時期は、流行疾患で医師自身が倒れてしまわないよう、徹底した自己管理や院内管理も要求されるでしょう。

    子供の体調は変わりやすい

    小児科医が大変だと言われるのには、子どもの体調の変わりやすさもあります。
    病院が嫌いな子どもも多く、「別に何ともない」「痛くない」と症状を伝えてくれないことも多いでしょう。

    そんな時にも小児科医は、的確に症状を見抜き、適切な処置を行う必要があるでしょう。
    急な変化に対応できるよう、体調が崩れた時にどうしたら良いのかを、親へきちんと説明しておくことも大切です。

    こんな医師に転科がオススメ

    幅広い知識を要求され、忙しい小児科医の仕事ですが、子どもが好きな医師にとっては天職です。
    子どもから好かれるタイプであれば、よりスムーズに診察が行えるでしょう。
    泣いたり、嫌がったりしても、心を鬼にして適切な治療を行う、心構えも持っていたいですね。

    子どもだけでなく、親と向き合うことが多い小児科医の仕事は、親の不安を取り除いてあげたり、子どもにしてあげるべきことの説明を行ったり、といった場面が多々訪れます。
    そのため、話すのが好き、コミュニケーションスキルが高い、といった医師にも、小児科は向いている職場だと言えます。

  • 救急科医への転科について

    2018年02月26日 14:49

    各科への転科について

    「医師になって、人の命を救いたい!」 そんな熱い想いを抱いて医療の世界を目指したものの、 「毎日代わり映えのない外来ばかりを担当している」 そんな医師にとって、「救急科医」は憧れの存在です。

    「思い切って転科してみようかな?」 という医師が知っておきたい、救急科医の詳しい仕事や実情をチェックしてみましょう。

    気が抜けない&瞬時の判断が要求される

    救急科医の仕事でもっとも大変なのは、いつ何時、どんな症状の患者がやってくるか分からない点にあります。
    勤務中は常に気が抜けず、命に関わる重症患者が運ばれてくるケースも多いでしょう。

    一刻を争う現場では、レントゲンの結果を複数の医師で判断するような時間もありません。
    今、目の前の患者に対して何を行うべきなのか、を瞬時に判断し、決断する力が求められています。

    病院で待つだけでなく、災害現場へ派遣されたり、ドクターヘリなどに乗って、患者の元へ飛んだりすることもあるでしょう。
    集中治療としてのスペシャリストとして知識を高めるだけでなく、複数の患者を同時に診察できるスキルなど、求められるスキルは多岐にわたります。

    忙しくて生活リズムが崩れる

    救急科医の仕事は、予測が立ちません。予約とは無縁の世界であり、常に動き回っていることが多くなるでしょう。
    多くの病院で、シフト制が採用されているため、休日はしっかり取れるケースが多い反面、患者の状態によっては、勤務時間を過ぎても手術などの対応に追われる例が多くなります。

    また、シフト制であっても、日勤、夜勤、準夜勤など、働く時間帯は日によってバラバラなため、睡眠のリズムを取ることが難しくなります。
    食事や休憩の時間も予定通りになるケースは稀でしょう。

    次第に慣れていくものですが、転科後しばらくは普段以上に体調管理へ留意し、計画的にシフトを組んでいく必要があります。
    日勤からの転科の場合は、面接時に勤務体制について詳しく聞いておくと安心です。

    こんな医師に転科がオススメ

    救急科医に向いているのは、医療の知識を豊富に詰め込みたい医師や、フットワークの軽い医師、判断力が高い医師、やりがいを重視している医師などです。
    思いがけない急患が次々と運び込まれる世界で、正確な治療を行い続ける救急科医は、確かな知識と俊敏さが求められるでしょう。

    実際に救急科医へ転科した医師の話では、初めは老若男女、症状問わずの救急搬送に、うまく立ち回ることができなかったそうです。
    ですが、チームワークと先輩医師からの的確な指示を受け、経験を積んでいくうちに、初見で瞬時に異変に気付き、手早く治療が行えるようになっていった、という話があります。

    このことからも分かるように、救急の現場は焦ってしまいがちですが、医師としての自分の立場を把握し、落ち着いた対処を行うことで、次第にテクニックが身に付いていく世界だと言えるでしょう。

  • 脳神経外科医の転科で大変なこと

    2018年02月15日 21:21

    各科への転科について

    脳神経外科は、脳梗塞や脳卒中、クモ膜下出血といった疾患を治療することが多く、高齢化に伴い、今後ますます患者が増えると言われている科目です。
    外科医としての腕を存分に発揮したい医師だけでなく、内科や皮膚科などからの転科も増えています、

    そんな脳神経外科で働くにあたり、知っておきたい仕事の内容や特性をチェックしてみましょう。

    脳神経外科医は呼び出しが多い

    総合病院などで勤務経験のある医師なら知っている通り、脳神経外科医の仕事は、非常に忙しい科目です。
    脳神経外科医は多くのケースで、一人の医師が、診察や治療、手術、リハビリまですべてを請け負うこともあり、他の医師へ頼ることができないからです。

    大きな病院であっても、脳神経外科医は一人のみ、というケースも多くあります。
    そのため、自分にしかできない、分からない要件が多く、頻繁な呼び出しに繋がるでしょう。

    ですがその反面、任される仕事の範囲が広いため、多くの経験が積めたり、将来開業しやすかったり、というメリットもあります。

    手術時間が長い、緊急手術が多い

    脳神経外科医の大変な部分は、何といっても手術でしょう。
    脳や脊髄など、神経に携わる繊細な部分の手術を行うため、一つひとつのオペに時間を要する例が多くあります。
    また脳の疾患は急性で起きることが多く、思いがけない時間やタイミングで、救急車搬送が行われるケースもあるでしょう。

    手術が終わったからといっても気が抜けず、細かい術後管理を要求されるため、なかなか休みが取れないのも脳神経外科医の仕事です。
    ですが、最近では低侵襲短時間手術なども普及しており、以前よりはオペにかかる時間やリスクなどが軽減されています。

    技術の習得に時間がかかる

    脳神経外科医の技術を習得するまでには4~6年は必要だと言われています。
    そのため、医師としての経験が長い場合も、脳神経外科への転科を考える場合は、再度一から学び直す気持ちでいると良いでしょう。

    脳神経外科の分野は、年々新しい技術が研究されており、ベテラン医師であっても勉強を怠ることができない世界です。
    転科、転職を目指すなら、積極的にオペへ参加させてくれたり、技術の指導を行ってくれたりといった、積極的に応援してくれる医療機関を見つけるようにしましょう。

    こんな医師に転科がオススメ

    脳神経外科への転科が向いているのは、なんといっても脳の分野に興味がある医師です。
    人の生死を左右することもある分野ですが、その分命を救えた時の感動は、大きいものとなるでしょう。

    「一人で患者さんのすべてを任されたい」 という、やりがい重視の医師にも向いている職場です。
    患者層も子どもから妊婦、年配者までのすべてをカバーする、数少ないジャンルとなっています。

    一般外科で勤務していたけれど、外科医としてのランクを上げたい!と考え、脳神経外科を目指す医師も少なくありません。
    人手の足りない分野ですから、転科はどの病院でも喜ばれるでしょう。
    あとは、新しい知識と向き合い、どんどん経験を積んでいくことで、頼れる脳神経外科医としての道が開かれていきますよ。

  • 1